訪問介護職が仕事を増やすには

訪問介護職を目指される動機や理由は人それぞれでしょう。生活費を稼ぐ目的の方もいらっしゃれば、社会に貢献したいという方もおられるでしょう。 

どのような目的であっても利用者から選ばれなければ、仕事はできません。

今回は、訪問介護職を目指す人が、知っておいたほうがいいことや、留意しておくべきことについてお伝えします。

経験が長いと有利か?

訪問介護職が、利用者から選ばれるには、経験が長いほど有利の思われるかもしれません。
確かに介護技術は経験が長いほど身につきますが、実のところはそれだけで有利となるわけではありません。

訪問介護の仕事には、介護技術だけでなくコミュニケーションや人柄、対応力などが求められるからです。

訪問介護サービスの評価をするのはあくまで利用者で、総合的に介護職のことを見ています。

ベテランの訪問介護職であっても、「やってあげている」という横柄な態度がでていると評価は下がります。

それよりも誠意を持って仕事をしてくれる新人介護職のほうが評価が高い場合もあるのです。

信頼を少しずつ得ていく

訪問介護職をする方にとって、早く収入を安定的に得たいことでしょう。

しかし、新人介護職の場合、仕事を始めても、はじめは仕事が少ないことがほとんどです。

事業者からみると、いきなり新人にたくさんの仕事を任せても、利用者の信用を失うリスクが大きいからです。

簡単な生活援助からスタートして、仕事に慣れてから徐々に仕事量を増やすのが一般的です。

仕事を増やすには、事業者と利用者からの信頼を少しずつ獲得していくことがまず第1歩となります。

事業者からの信頼は「報連相」にあり

事業者からの信頼を獲得するには、誠実に仕事に向き合うのはもちろんで、さらに報告・連絡・相談をきっちりしていくことです。

訪問介護職にとってはささいなことでも、事業者にとっては利用者がサービス利用をやめることにつながるため早く対応したいのです。

そのため、細かくても報告・連絡・相談してくことはとても大事なのです。

このように事業者の目線に立って、仕事を取り組んでいけば信頼を獲得しやすいでしょう。

利用者からの信頼は「思いやり」が大事

利用者からの信頼を獲得するには、利用者の気持ちをくみ取って、また思いやりを持ちながら仕事をすすめることが大です。

利用者によって訪問介護職に求められる内容は異なります。
話し相手になることを望む利用者もいれば、サービスをテキパキと提供されることを望む方もいます。

さまざまなニーズに柔軟に対応できるようになれば、そのころには利用者からの評価は高まり、仕事は増えていることでしょう。

ただ、はじめは朝や夕方の時間帯にニーズが多く、事業者も単発で入れやすい新人に訪問させることが多いです。

そのような固定した利用者がいない時期は生活していくことが困難です。

数社の事業者に登録

固定した利用者を獲得するまでに生活に困らないようにするためには、数社の事業者に登録することをおすすめします。

そうすれば固定の利用者がいなくても、仕事をもらえるチャンスが増えます。

まずは、数社かけもちで目の前の仕事を誠実にこなしながら固定の利用者がつくように努力しましょう。

数社掛け持つことで、各事業者や利用者の雰囲気をつかむことができますので、自分に合った方を選んでいくことも可能でしょう。

高齢者にも障害者にも対応

訪問介護の利用者には高齢者もいれば障害者もいらっしゃいます。

高齢者の場合、ライフスタイルが共通していることも多いので応用を利かせやすいですが、障害者の場合ですと異なってきます。

障害者ですと、年齢も幅広く、生活の仕方にばらつき(個性)が見られます。

そのため、自身の価値観に合わないような生活をしている方にあたる可能性も高くなります。

つい、指導的な態度になりそうなこともありえます。

価値観が合わないからといって雑に対応したりせず、柔軟に対応していく姿勢が大事です。

出会った新しい価値観を吸収していくくらいのこころもちがよいでしょう。

世間の常識にそぐわないような生活にも対応していけると利用者からの信頼は厚くなるのではないでしょうか。

夜勤にも積極的に対応

訪問介護職でも夜勤はあります。

夜間の訪問介護にも対応していけると、やはり固定した利用者を獲得していくには強みになります。

夜間には不測の事態がおきやすいです。体位変換など肉体的にきつい業務もあるでしょうし、救急対応をすることもあるでしょう。

利用者も訪問介護職も眠たい時間帯に、きっちり対応できることは獲得できる信頼の度合いが高くなります。

そのためには、自身の体調管理もきっちり行えることも求められます。

まとめ

このように訪問介護職の仕事は介護技術だけに限らず、コミュニケーションや対応力など、様々な力が求めらまず。

ただ単に訪問して介護業務をするだけでなく、実は難易度の高い仕事といえるでしょう。

そのような訪問介護の仕事を増やしていくには、小さな信頼を少しずつ獲得していくことがなによりも大事なのです。

繰り返しますが、訪問介護職の仕事の評価は、利用者によって決まります。
訪問介護職を目指される方には、そのことを肝に銘じてもらいたいです。