インフォメーション

ブログ

訪問介護ヘルパー必見の新サービス

夢のまちケアの垣本です。

 

千葉市若葉区の事業所より、、、

 

 

人口知能が人に代わって仕事をして、多くの仕事がなくなるという話題が最近は絶えません。

 

最近、人口知能を活用したサービスに注目が集まっています。

 

訪問介護業界でも今後を見据えた人口知能を使ってウェブサービスが開始されました。

 

11月2日に『ユアマネージャー』というサービスが横浜市でスタートしました。

 

内容は、人口知能によって訪問介護ヘルパーと事業所を最適にマッチングさせるサービスです。

 

スマホアプリですね!

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

要は、求職者である訪問介護ヘルパーが『ユアマネージャー』に無料で登録して、希望の勤務曜日・時間を入力したら、近くの高齢者宅の介護の仕事が見つかるというサービスです。

 

複数の事業所への登録を前提としていて、

 

最も効率よく、高収入で働けるというのが訪問介護ヘルパーにとってメリットがあります。

 

詳しくはこちら

http://healthcare-markets.jp/2016-11-1press/

 

提供会社のヘルスケアマーケット・ジャパン株式会社の代表取締役の坪井俊憲さんは、訪問介護でヘルパーとして働いていて、このサービスを思いついたようです。

 

私も訪問介護事業所を経営している立場として、坪井さんの発想は完璧だと思いました。

間違いなく、ヘルパーのニーズに合ったサービスであると思います。

 

これは、実際に働いていないと分からない感覚ではないでしょうか。

 

このサービスはまさにヘルパーの働き方の効率性を最大限追求したものだと思います。

 

でも、私がちょっと危惧するところは、あまりにも働き手(ヘルパー)本意となってしまい、事業所の協力が得られるかどうかです。

 

また、

・変動する利用者の情報管理

・高齢者の個人情報

・記録用紙の形式の統一

 

などが課題になってくると思います。

 

私の知っている限り、訪問介護事業所で先進的にITを活用しようと思っている事業所は少ないです。

 

ですから、このサービスが多くの訪問介護事業所に受け入れられるかどうかがサービス普及の勝負になるのではないでしょうか。

 

最も大きな問題としては、訪問介護ヘルパーの年齢は大体がスマホを使わない年代(50歳以上)であるということ。

 

スマホのアプリなんて使ったことがないので、使用できない方が多いと思います。

 

ですから、このウェブサービスは40代以下の主婦層などを狙ったサービスだと推測できます。

 

多くヘルパーがスマホを使えないという状況から考えて、一気に訪問介護サービスを変えるウェブサービスになることは難しいかと思います。

 

しかし、いずれ主流になる可能性は高いと思います。

 

私が期待することは、『ユアマネージャー』によって、訪問介護ヘルパーの仕事に就く主婦層が増えればよいと思います。

 

実際に訪問介護の仕事は好きな時間に好きなだけ働ける、とても割の良い職業だと思います。

 

それをよりもっとアピールできる『ユアマネージャー』に期待したいです。

 

そして、日本の介護問題が解決に一歩でも近づけたらと思います。

 

時代の先をいくサービスであることは間違いないので、今後注目していきたいサービスです。

 

是非、千葉市にも上陸したら活用させて頂きます^^

 

★LINE@始めました!【LINE ID:⇒ @ess4639k】★